五月人形 福順号
鈴甲子雄山作 徳川家康公 一ノ谷の鎧兜
福順号トップページ の中の 端午の節句 五月人形

端午の節句 五月人形 兜飾りと鎧飾りと子供大将

雅な京甲冑、豪華な江戸甲冑、美しい屏風、力強い弓太刀、 それぞれの職人が、生まれてきた男の子のために技を磨いた五月人形。
神戸新聞社運営のマイベストプロ神戸にて当店の店長江戸がコラムを連載しております。
<コラムはこちら>是非こちらも合わせてご覧ください。
遠方への配送(通販・贈答)も承っておりますので お気軽にお問合せください。
作家名・画像をクリックするとそれぞれの紹介ページへ移動します。

平安武久

全国の百貨店への出品・実演など、業界内外からも高く評価される節句人形工芸士です。

鈴甲子雄山/平安道斎

四代目まで続く名門甲冑工房。
日本全国に所蔵される鎧兜を実地に調べ研究精進を重ね現在に至る。
荘厳華麗で力強い作風が持ち味の甲冑界の雄です。

藤匠

現代の男の子の夢や願いを後藤人形・後藤由香子が表現しました。製作には、
完全な手作りで伝統的な星兜を手掛ける職人があたり、
かつては武将しか手にすることができなかった本物の兜の品質で、
子供たちの兜を製作しています。

大越忠保

伝統につちかわれた技術を基礎とし、
現代的な感覚を伴った斬新な作品で幅広い層に支持される作家です。

平安豊久

愛知にある全国的に有名な工房。人形だけでなく飾り台や屏風も新しいデザインをどんどん開発しています。

平安道翠

毎年5月5日に首相官邸に飾られる「官邸鎧」を作られているなど、精巧で芸術的価値の高い甲冑を製作する工房です。

そのほかの素敵な五月人形

日本各地の作家さん・工房さんの作品になります。中には大きな工房で長年技術を磨き
独立した作家さんや、大きな工房で百貨店さんへ出品されている方など、それぞれの拘りと想いで
伝統技術を伝えていく作品たちです。